ビジネス力を活かした分析で
プロダクト収益最大化に貢献 データ戦略部
プロダクトアナリティクスオフィス

  • データ戦略部 
    プロダクトアナリティクスオフィス
    オフィス長
    中村 一哉

    人材採用・育成、他部署との折衝、分析チーム全体の技術品質を担当。

  • データ戦略部 
    プロダクトアナリティクスオフィス
    データアナリスト
    田中 大智

    ネットワークゲームの分析に従事し、改善や施策提案などに携わる。

データ戦略部プロダクトアナリティクスオフィスは「分析を通してプロダクトの収益最大化を図る」というミッションを掲げ、親会社のバンダイナムコエンターテインメントが提供する数々のゲームタイトルを分析し、プロデューサーが直面する課題に対して改善点や施策の提案を行っています。データアナリスト業務に取り組んでいる二人に、魅力ややりがいについて話してもらいました。

現在の業務内容

中村

プロダクトアナリティクスオフィスのマネジメント業務を担当しています。具体的な仕事としては、アナリストの採用や育成、あとは部署の技術品質担保のためにアナリストが作成した分析成果物のレビューを行っています。
また対外的な業務として、新しい分析依頼に関する対応も行っています。優先度やリソース状況を加味して、引き受けるべき仕事の調整を行っています。(インタビューはこちら。)

田中

私はゲームタイトル運営における収益最大化を目的としたデータ分析業務を行っています。業務プロセスとしては大きく分けると、課題設定、分析、報告の3つがあります。
課題設定プロセスでは、課題を構造的に捉え、課題解決に繋がるような分析テーマ設定を行います。アナリスト主導で計画的に分析テーマを進めていくパターンと、ゲーム運営担当者から今こういう問題を抱えているのでこう分析してくださいと依頼を受けて対応するパターンがありますが、状況に応じて使い分けていくという姿勢で進めています。
分析プロセスでは、どのようなアプローチで分析するのかという分析方針設計を行い、その後でSQLやPythonで集計を行うという流れになります。その過程で同じチームのデータアナリストから意見をもらう時もありますが、このプロセスでは黙々と一人で手を動かしている事が多いです。
次の報告プロセスでは、分析から得られた示唆や施策に関する提案内容をレポートにまとめ、ゲームタイトル運営チームのプロデューサーやディレクターに報告し、意思決定を支援します。このプロセスでは議論が多くなるので、先程とは逆に様々な方とコミュニケーションする事が多くなります。

仕事を進める上でのこだわり

中村

私が現場仕事をやっていた頃から大切にしていることは2つあって、まず、依頼元の期待を超えるような価値を出すという点です。こういう事を言ってしまうと身も蓋もないですが、一般論として、分析は意味があるかないかの効果が見えにくいと言われる事があります。そうなってしまうと極端な話、分析予算を削るといった話にも繋がりかねないので、アナリストは期待を超えるような結果を常に提示できるようにすることが大事だと思います。
2つ目は、アナリストは分析結果をもって意見を形成することを前提にしますので、ゲームプレーヤーとしての自分の感想、あるいはSNSの引用や一般論みたいなアドバイスをしないように努めています。「新しくリリースしたこの機能はつまらないです」といった主観的な訴えをするのではなく、実際のデータに基づいて「ユーザーはこういう行動を起こして継続率が下がっているので楽しめていません」といった意見を組み立てる事を大切にしています。

田中

私はデータからわかった複数の解釈や施策の中から、自分が主張する提案を明確に絞るという事を大切にしています。というのも、データからわかった解釈や施策をつらつらと報告するような提案では、意思決定を促すという分析の目的を実現できないからです。そのため分析レポートを作る上では、分析過程で得られた全ての結果を載せるのではなく、強調して見せるものと敢えて切り捨てるものの取捨選択を行っています。もちろん客観性が大事である事は前提となるので、自分の主張が定まってくるまでは、データからわかる事を俯瞰的に眺めています。

チームとして大切にしている考え

中村

運営側の意思決定支援までコミットするという点を大切にしています。分析して資料を作って発表して終わりという形ではなく、機能実装やゲームバランス変更といった提案施策を実行に移してもらって、改善効果を検証する所までコミットしようとメンバーに伝えています。
結果、分析して結果を出すだけでなく、知見を元に提案をするという「分析の一歩先」を見据えた動きができることが、メンバーの強みだと思います。
チーム全体のデータ分析能力を高めていきたいのでノウハウ共有も進めています。各自の経験やナレッジをドキュメントとして見える形にして、チーム内でどんどん共有していこうという文化を根付かせています。

チームのカルチャー

中村

自分の意見をしっかり言うタイプが多いと思います。例えば経営推進部が定期的に実施するアンケートなどでも、プロダクトアナリティクスオフィスはその機会を生かして、自分たちの意見や声を届ける場として、しっかり回答しているようです(笑)。

田中

プライベートを大事にしている人が多い印象です。仕事の鬼はあまりいない印象です。アナリストは会議の時間が割と少ないので、休みを取りやすい事も影響してるかなと思います。あとは、他チームと比べてもリモートワーク率が圧倒的に高いですね。

バンダイナムコネクサスの魅力

中村

ビッグタイトルのゲーム分析に関わる事ができる点です。数%の改善であってもゲームの規模が大きいほどゲーム事業全体の収益に与える影響が大きくなりますし、アワードを受賞したこともあります。このように事業への影響度の大きい分析ができるという点がバンダイナムコネクサスで働く醍醐味だと思っています。
また、社員の繋がりを重視している社風があり、ユニークな取り組みもあります。たとえば毎月「くるまざ会」という全社員が集まる場で一人一人にクローズアップして、どういう仕事をしていて今どういったことに興味関心があるかなどを発表する社員交流を企画したりしています。自宅で自分や家族が触れているエンタメも研究材料になりえるということで、プライベートの一片を紹介するきっかけにもなっていますね。リモートワーク下では社員間のコミュニケーションが薄くなる側面はどうしてもあるので、そこを補う役割を果たしていると思います。私もチームメンバーのケアを意識しており、業務に詰まっても孤立しないように風通しを良くして協働できるよう心掛けています。

田中

4つの特徴があると感じています。
1つ目はベンチャー企業のような裁量の大きさがある点です。当社は設立5年に満たない会社で組織として成長を続けている事もあり、良い意味で自分の役割を超えていけるチャンスがあると思っています。例えば、組織作りに関して自分からアイデアを出したら採用されたり、逆に他の人が自分の分析にアイデアを出してくれたりといった事がありました。一方で労務管理や経理などバックオフィス系の支援はバンダイナムコグループの後ろ盾もあり、社員が仕事に専念できる安心感がある点がベンチャー企業との違いだと思います。
2つ目は様々なバックグラウンドの人が居るのでお互いの知見を吸収し合えるという点です。例えば出版業界で編集者をしていた方が入社してから分析資料のテンプレートのレイアウトやフォントが良くなる事もありましたし、私は元々コンサル業界出身なので提案書やプレゼン全体の組み立て方に関してチームにナレッジを出していくといった事もしました。
3つ目はアナリストが分析に集中できる環境です。親会社のインフラ部門が、グループ内の様々な事業のデータを集約したデータ分析環境を提供しているので、アナリストはデータ環境整備に時間を取られる事なく、自分の担当ゲームタイトルの分析に専念できます。
4つ目は大規模なゲームタイトルで細かいセグメントまで分解して分析ができる点です。ユーザー数が多いので多重クロス集計が可能になり、深堀りした分析が可能になっています。ユーザー数が1万人位のサービスだと、2回クロス集計をしたらセグメントが100人とかになってサンプル数が足りないという話になりますが、当社ではそうならないのが良いなと思っています。

データアナリストに求められる要素

中村

営業力、コンサル力、プレゼテーション力といった人と話すスキルですね。前述のように、データアナリストの仕事は何かしらの意思決定をしてもらうまでをゴールとしているので、その過程でチームや開発会社と相談したり、時には説得したり、時には熱い議論をしたりする事もあります。そうなったときに、自分の分析結果に基づいた意見を通すという事が求められてくるので、人と話すスキルを重視しています。分析結果の報告相手は必ずしもデータ分析に詳しいわけではないので、相手に合わせて説明の仕方を工夫するといったコミュニケーション能力も重要だと思っています。
また、若手社員が増えているからこそ、人材育成が得意な方も求めています。若手にゲーム分析のナレッジ継承をしながら、1~2年で一気に一人前まで育てられるようなリーダー要素は歓迎です。

田中

データアナリストが分析結果を報告する際、相手が興味のある内容を想像する能力が求められます。中村さんの話とも重なるのですが、報告相手の中には、分析の内容を聞きたいのではなく、担当しているゲームタイトルの課題と実施すべき施策だけわかればそれで良いという人も居るわけです。そういう人に対して、数十ページを超えるような分析レポートの説明をするのではなく、この人が知りたいのは結論部分だから、結論に至った経緯となる分析結果はAppendixに回そうといった判断ができる事が重要だと思っています。一方で、データ分析に対する熱意も不可欠だと思っています。そのためぐっと集中して分析に向き合うところと、相手はこの結論だけ欲しいから分析結果のここは捨てようといった客観性の部分を上手く切り替えられる能力が必要だと思っています。
あと、私たちの仕事の最終的な目標はゲームで遊んでいるお客様に楽しんでもらうことですから、お客様目線を持っていること、お客様との繋がりを常に意識することも重要ですね。

こんな人と一緒に働きたい

中村

ゲームが好きな人ですね。
データアナリストは自分の担当ゲームだけでなく、市場分析のために、業界の売れているゲームや新しいタイプのゲームを常に調査していかなければならないので、プライベートの時間でもいつもスマホゲームをしているようなゲーム好きである事は欠かせないと思っています。
あとは、人に誇れるような面白い経験を持っている人ですね。チームの多様性を高めていきたいと思っているので、ゲーム分析未経験であっても、何か自信がある経験を持っている方と一緒に働きたいです。
前職、前々職が分析とは全く関係ない畑から来た人であっても活躍している人はいますので。

田中

私も中村さんと同じで、ゲーム好きな人ですね。
ただゲーム好きといっても生粋のゲーマーという意味ではなく、昔はゲームをやっていて最近は離れてしまっていたけど久しぶりにゲームしてみたらやっぱり面白いと感じたというような「忘れていたあの頃のゲームへの情熱を思い出した」ような方とも一緒に働きたいです。実際私はこのタイプでもあります。

メッセージ

ゲーム業界以外からの出身者も採用してきた事で、良い意味で多様性が生まれ良い相乗効果になっていると思っています。
分析経験が無いからとかゲーム業界に居たことが無いからという理由で応募が難しいのではないかとは思わずに、興味を持って頂けたら嬉しいです。